こんばんは。

先日お勉強してきました「酵素」のお話。

私自身の復習も兼ねて、まとまてみたいと思います。

酵素ってなに?

そもそも酵素ってなんでしょう?

酵素とは、生き物の体内で起こっている化学反応のスピードを速める物質です。

栄養素の中で唯一生きていて、酵素がなければ他の栄養素は体の中で十分に働くことが出来ない=酵素がなければ生物は生きることが出来ない!んです。

実はとっても大切な栄養素なんですね。

重要なのは「酵素は生きている」ということ。

例えば、良い材木や壁土などの資材があっても、良い仕事をしてくれる大工さんがいなければ、良い家は建ちません。

酵素はこの大工さんにあたります。良い仕事をしてくれる大工さんがいないと、大変なことになってしまいますね・・。

潜在酵素と体外酵素

酵素は体内にもともと存在する「潜在酵素」と、外から摂取する「体外酵素」の二種類があります。

そして更に、「潜在酵素」は「代謝酵素」と「消化酵素」に分かれます。

「潜在酵素」はまず優先的に消化酵素につかわれます。そして残った分が「代謝酵素」に使われます。

ですから酵素の量が少ないと、消化にだけ使われて、代謝に使える酵素が足りない!ということに。「消化酵素」と「代謝酵素」のバランスが悪くなると、肥満体質の原因にもなりますね・・・

そしてもうひとつの酵素「体外酵素」は、「食物酵素」と「腸内細菌の酵素」から成っています。

「体外酵素」は「潜在酵素」の「消化酵素」の方をサポートします。ですから積極的に酵素を摂取することで、まず「消化酵素」が増えますから、余った酵素も増えて、それが「代謝酵素」となってくれるんです。

「代謝酵素」は、新陳代謝を活発にしたり毒素を体外に排出したり、自然治癒力を高めたり、免疫力を高めたり、脂肪酸からの熱産生をうながしたり・・・・・とっても重要な役割を果たしています。

ここで重要ポイント!

一生で生産できる酵素の量は決まっている

体内にもともと存在する「潜在酵素」。これは消化や代謝を助ける重要な働きをします。生命維持活動を行うために存在しています。

この大切な「潜在酵素」、実は一生で生産できる総量が決まっているんです!

しかも、人によって総量が違うんです!

体内の酵素は毎日生産されるのですが、一日で生産される総量や、一生に生産できる総量はDNAに組み込まれて、生まれた時に既に決まってしまっているのです。私、この事実を最近知り、びっくりぽんでした(笑)!

お母さんが妊娠中、どれだけ酵素を意識した生活を送っていたか・・で、その赤ちゃんの酵素量は決まるらしいですよ。

ですから妊娠中にお野菜や、酵素がたくさん含まれている発酵食品(納豆やヨーグルトやお味噌やぬか漬けなどなど)などの食物酵素(食べ物に含まれている酵素)を積極的に摂取することって、酵素栄養学的にはすごく大事なんですね。

それから、逆に酵素を無駄遣いしていまうことを避けることもとても大事です。

酵素の無駄使いをしてしまう食品を控えること(白砂糖、高タンパクな食事、食品添加物)や、喫煙、過度のストレスなども、酵素を無駄遣いしてしまう行為です。

一般的に言われている、妊娠中にした方がいいこと、しちゃいけないことと見事にリンクしていて面白いな~と思いました。

話を戻しますが、人によって体内で生産される酵素の量は決まっています。ですから、足りない分や無駄遣いをしてしまった分を、外から積極的に摂取すること(体外酵素)がとっても重要なんです。そうすることで体が元気に働き、結果美容にもつながるわけですね♪

良質な生野菜、発酵食品など。それから品質の良いホンモノの酵素ドリンクなどで積極的に酵素を摂取してみてください。

こちらも参考にしてみてください(^o^)

エステプロ・ラボ商品について

簡単ですが、今日はここまで(^o^)